YSP杉並南のレインボーブログ!

バイクの楽しみ方から、カスタムまでを色々情報発信!

カテゴリ: FJR1300

メカニック池谷です。

ツーリング記事以外の久々の更新!

 

今回は、FJR1300Aの2008年モデルのリヤサスのモディファイです。

左右のパニアケース、トップケース、タンクバック、シートバックとフル満載で時にはタンデムでもご利用というサスペンションに容赦の無いのお客様よりリヤサスの強化のご相談を頂きました。

オイル漏れもしていましたので、オーバーホールと同時に施工です!

こんな時に相談するのはMT07のスーパーローダウンでもお世話になったセイクレッドグランドさん!

MT07の記事はコチラ→http://www.ysp-suginamiminami.com/diary/020/post_768.html

 

 

FJR1300AのリヤサスはプリロードがレバーでSOFTとHARDに設定できます。

ノーマルのSOFTの時にHARDの硬さに、ノーマルのHARDの時に更にHARDになるよう設定していただきました。

ただ硬くするだけではなく、3.4mmストロークした時点でスタンダードよりも硬くなるようになっています。

スプリングが硬くなった分、圧側はそのまま、伸び側の減衰を強くしてあります。

 

IMG_8049

 

当店で出来ないことも、スペシャルショップとタッグを組んでご対応!

ダメかな?と思っても先ずはご相談ください!

 

セイクレッドグランドさん、毎度特殊なお願いに応えていただきありがとうございます!

 

お客様紹介のネタも溜まってしまっているな、、、お待たせしてスイマセン!

頑張ってブログ更新していきます!! 

 

 

 

 

DSC_1635

 

 

 

今年フルモデルチェンジを果たしたFJR1300。コーナーリングライトや6速ミッションという非常に魅力な機能が搭載され、世のFJRファンを大騒ぎさせている今日この頃。

本日見事FJRデビューを果たされましたS/Nさん、納車となりました。

 

 

 

 

 DSC_1636

 

 

 

キングオブツアラーの異名を持つこの名車は、ヨーロッパを中心に根強いファンに支えられ、今日を迎えております。高速走行の快適性にて、右に出るものがないと言っても過言ではありません。タンデム走行の快適さも自慢の一つ、貴方もFJR1300でロングツーリングの素晴らしさをご堪能されてはいかがでしょうか。

 

S/Nさん、FJR1300の事なら全てお任せのYSP杉並南を、今後ともご贔屓に宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマハバイクの事ならヤマハバイク専門店YSP杉並南にご相談下さい

DSC_1593

 

 

 

2014年モデルFJR1300ASから、この度発売となった2017年モデルにお乗り変えとなりましたH/Hさん、納車式でございます。

2014年モデルを車検を通して乗り続けるか、6速になった2017年モデルに乗り変えるか、悩みに悩んだ結果がこちらでした。

鮮やかなシルバーが眩しくも見える、きれいな塗装の仕上がり感が堪らないです。

店長@早瀬としっかりと握手!

 

2017年モデルFJR1300AS、最高の納車式でございます。

 

 

 

 

DSC_1589

 

 

 

このポーズは一晩寝ずに(嘘/笑)考えたユニークなスタイルであります。

 

6速になった新FJRのインプレッションを後日是非ともお聞かせ下さい、楽しみにしております。

今後もYSP杉並南のイベント参加お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FJR1300のご用命はヤマハバイク専門店YSP杉並南へ是非どうぞ

メカニック池谷です。

 FJR1300 2016年モデル待ちに待った発表です!

http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/fjr1300/ 

 

残念ながら、AEの取り扱いはありませんでしたね。

 

カラーはシルバーとダークグレーの2色。

シルバーはフロント側がマットシルバーでテール側がグロスシルバーです。

FJRにもマットカラーの波が! 

しかしマットを取り入れながらも、ヨーロッパで人気のツートンに仕上げるあたりは流石です。

 

仕様は以前から話題になっていて今回のモデルチェンジの目玉である6速ミッション、A&Sクラッチ、LEDヘッドライト、LEDポジション&テールライト、コーナーリングライト等早く体感してみたいものばかり!

 

金額は前モデルより+¥50000高。少々上がってしまったもののこれだけのアイテムがつけば納得でしょう!

 

 

前モデルからアイテムがどれだけ流用できるのでしょうか。。。

アフターパーツ情報入りましたら随時UPしていきたいと思います。 

 

メカニック池谷です。

続いております春のカスタム祭り。

本日はそんな中でもFJR祭り!

店舗内にFJRが5台というとても珍しい光景となりました。

 

CIMG7041s
 

ピットはこんな状況。
奥に見えるのは、新車の無線等のカスタム。

右のFJRは修理+定番のエンジン&パニアガード取付。
手前のシルバーはこのところ話題のハンドルアップスペーサー取付。 

CIMG6978s
 

 

外に構えるブラウンはクルーズコントロールに魔法をかけました。 

CIMG7043s
 

 

 

もう1つの祭りはこれも密かなブームのMTシリーズにR1のラジアルポンプマスターの移植。

CIMG6944s
 

 

ブレーキのコントロール向上にオススメです!

 

FJRのカスタムはお任せください! 

このページのトップヘ